トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    インターネットを利用して知ることがかぬな中古車の査定金額というのは、どうしても簡易的な方法で見積もりを出したまでです。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車によりその状態はまちまちですから、その車ごとの査定額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    販売店のスタッフの話をハナからすべて信用してしまうと、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額がおおよそ幾らぐらいか調べておいて、相場価格よりも安く提案された際に自分の方から駆け引きするつもりでいると饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、それ程気に病む必要はないといえます。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや充分に分かる程度のへこみ、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、査定時に減点されるのが回避するために自分で費用を出して直したとしてもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    完済前でローンが残っている車を売るなら、残債を払ってしまわないと売却できません。

    ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。

    残っていたローンを車を売却する以前に払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、できないのであれば例えば買取額から残債を清算するという方法もあります。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。

    10万キロ以上走った車というのは、俗に「過走行車」と言われます。

    査定サイトなどを使って売ろうとしてもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている会社に最初から依頼した方が良いです。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    チャイルドシートを設置している車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。

    基本的にチャイルドシートは査定の際に加点される項目ではありません。

    ただ、チャイルドシートというのはユーズド品でも人気のある商品なので、ひと手間かけて外して単体で売ると値段がつかないということはありませんし、オークションでもブランド製で美品ならなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    基本的に改造した車は車検を通すことができませんが、このような車でも売ることは可能です。

    そうは言っても、一般的な中古車買取店では必ずしも買ってくれるとは約束できませんし、査定額が期待できないことを前もって知っておくとベターです。

    もしも改造した車を売りたいのならば改造車に造詣が深くて、ちゃんと販売ルートも持っている専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。

    状態によりけりですが、改造車でも査定額アップが望めるケースもあります。

    もうすでに自動車を売ってしまっているのに、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除などを言い渡されることがあるかも知れません。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば自分側が悪いと言えますが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば自分に非はないのです。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。

    全部というわけではありませんが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    所有者が個人だった自動車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。

    日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。