トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    オンラインの車一括査定サイトを使うときに気を付けなければならない事のひとつに、査定してくれた時に最高額を表示してくれた店舗がそのまま最高だとはいいきれない点があります。

    多くの中古車買取業者の査定を見比べたときに、ずば抜けて相場よりも高い査定金額を表示している買取専門店がある場合には「なにか変だな」と感じた方が良いでしょう。

    その店での買取が決まったとき、売買契約を取り交わした後から何だかんだと言われて査定された金額よりも買取額が断然低い金額になってしまう場合もあるのですよ。

    Web上で中古車の一括査定を利用したいと考えているが、個人の名前などはできるだけ記入したくないという時には名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    査定スタッフに車を見積もってもらう際や、車を実際に売るときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    車の買取会社は古物営業法に則り、取り引きをした相手の名前や住所などの情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。

    中古車販売の営業さんの話を全部信用しきってしまうと、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    売却の前に自分の車の査定相場がどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、相場よりも安価に契約しようとされたときに自分の方から駆け引きするつもりでいるとプロのセールストークを上手にかわすことが可能になるでしょう。

    こちらに非のない状態でぶつけられたりして、車に損傷が生じた場合、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それは交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    個人間で調整したとしても保険会社としては保険金の支払い対象として認めることはほぼないです。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所に相談する以外、手はありません。

    見積りの結果に納得して実際に売却する手続きに入ると所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかに自賠責保険証、リサイクル預託証明書、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車は市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    基本的なことかもしれませんが、先に準備しておけば急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、結果的に良い値段で買い取ってくれることが多いです。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    もし改造パーツを取り付けているのでしたら、可能な限り純正パーツに交換しておきたいものです。

    ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は好まれますし査定額にも影響してきます。

    あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、あらかじめ必要書類を揃えておくと良いでしょう。

    派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。

    しかし、このような改造車でも、買取査定に出すことはできます。

    しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では必ずしも買ってくれるとは約束できませんし、査定額が期待できないことを覚悟した方が良いかも知れません。

    改造車を売るならば改造車の知識が豊富で、改造車販売の道も持っている改造車の専門店で買取りしてもらうとベストです。

    その車の状態によっては改造車でも高く査定して貰える可能性がアップします。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、あらかじめ修理することは反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、前者の方がグッと安くて済むのです。

    ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    ただ、所有者が故人のときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は売るのは簡単なことではありません。