トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    どんな分野の売却においても同様でしょうが、毎日売却の査定額は変わっていきます。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、車の種類によっては相場がアップしやすい時期や地域性が大体決まってしまうこともあるのですね。

    しかし、どんな車種でも言えることは、初めて登録した日からの日数が経っていないほど高値になる可能性が高いです。

    じっさいに車を手放すならば幾らかでも早めの行動をする方がきっと高く売れるに違いないのです。

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは人によって好みが分かれてしまうので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場により常に流動的なものですから、流行があれば一定の色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    今持っている売却予定の車にこれでは売却したくないと考える査定金額を業者側から提示されたときには、売るのを止めてしまっても構いません。

    中古車見積もりを依頼したとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    一般に海外の車というと国産車に比べて、買取価格がいまいち伸びないというお約束があります。

    外国製の車は国内での流通量が日本車とは比較にならないほど少数で、取引の実績値に乏しく、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

    つまり輸入車を高く売る最良の方法としては、なるべく多くの業者の査定額を集めて検討するのが有効です。

    中古車買取りでは無料一括査定サイトがいくつもありますので、上手に使うと極めて短時間のうちに何十社もの査定額を知ることができます。

    車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないようこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額やそれに関する諸条件はしっかり目を通す必要があります。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、それで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、業者の無料査定を経験した人ほど忘れがちなことですので、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをはっきり聞いておくべきです。

    査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして現物を業者から派遣された査定士が判定し、買取金額の提示となります。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、移転登録等の手続きが終わってから売主の口座に売却代金の振込があります。

    あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、業者ではなくて個人に売るという場合もあるでしょう。

    中間業者が入らない分、売却側と購入側双方が得するように売買可能になるのです。

    両者が得をする売買形式であるとは言え、全部の手続きを個人同士が行いますからとても面倒ですし、お金の支払いに関するトラブルが多くなる可能性が高いです。

    代金の支払い方法に関して言えば、なるべく分割払いを避けるとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、型式が古い自動車の場合には通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    車を買い取りに出す場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子を崩すことが多くなってきます。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。