トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    たいていの場合、中古車買取専門店においては、車を査定するために要する時間というのは待っているロスタイムを除いて15分かかるかかからないかです。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点でのオークション等の平均額を基にして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、それらの状態に応じた減額や加算をすると簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    自分が所有している車のおおよその査定相場をチェックしたくなったら、インターネット上の無料一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、自動車メーカーのHP上で査定金額の参考値を調べることができます。

    その自動車メーカーのサイト上なら名前などの個人情報を全然記載せずに車の年式や車種だけの基本情報だけで検索可能なサイトもありますから、一括サイトを使って査定したときのように営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    自分で中古車の買取業者まで出向く時間がないときなどは、大抵の会社では、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。

    中古自動車査定士が自宅などに来て実際に車をチェックして、結果を導き出す方法です。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、一緒に査定した業者間で査定金額の競争が生まれますから最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、一社だけでなく複数の買取業者に査定を出してもらうのがお約束です。

    とはいうものの、休みの日を費やして中古車買取業者の店舗のあるところまで、比較検討のために幾つも回れるでしょうか。

    その点、自宅で入力するだけで済むネットの中古車査定一括サイトほど便利なものはありません。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、短時間で手続きが済みます。

    ただ、自分が申し込んだ複数の会社から申し込み後には営業電話が集中しますので、それはそれで面倒です。

    中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

    インターネット上での査定というのは機械的な査定にすぎませんから、あとで現物を見た上で買取り価格が算出されます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら車検証など必要書類一式や印鑑証明などを揃え、正式契約に至ります。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった一連の手続きを経て売主の口座に買取代金が振り込まれ、売却に関するすべての作業が終わります。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    ただ、車が全く売れないという意味ではありませんから大丈夫です。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、部分ごとに細かく査定してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、自動車売買のときに限らずにいろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

    記載された中古車の状態は適切か、お金の部分に関してあいまいな点はないか、充分にみていくことが肝心です。

    分からないところがあったら自分が納得するまで担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。

    乗っている車を手放そうとする際には、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、事前に修理したからといって逆に損をする結果になることが多いのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と前もって自分で修理に出すときのお金では、前者の方がグッと安くて済むのです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    愛車の売却時に散見される事案として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する場合があります。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば悪いのは売り手側です。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。