トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    WEB上で確認できる車の査定額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に導き出された査定金額です。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとに状態は同じではありませんから、具体的な実際の査定金額はその中古車を目前でチェックしなければ分からないのです。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が本当の買取金額になるわけではないので、気を付ける必要があるでしょう。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、見積額が少々上がるという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車体の傷などが見えにくくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことを覚えておきましょう。

    普通にしていても勝手にできてしまう少々の傷やへこみ等は、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり気にすることはありません。

    それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷やしっかりと目で分かるへこみ、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、査定が低くなるのを避けるために自分で直してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    正式な価格を出すために訪問査定を依頼すると、どの業者も「今、契約を」と言うものです。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった熱心な営業が展開されますが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    複数の業者から見積りをとることを第一に考え、各社の金額を見比べた上で交渉しても遅くはありません。

    ウェブの中古車売却見積りサービスを使うと、たくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    確実な買取額は実物の状態次第で決まるので、訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    何度もしつこく電話を入れてくる会社もあるようですから、面倒なときは嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのがコツです。

    品物がないので諦めがつくのでしょう。

    あるいは電話でなくメール連絡のみというサイトに絞って依頼するのも手です。

    こちらに非のない状態でぶつけられたりして、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、ガタッと査定額が下がってしまうことがあります。

    本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、ケースバイケースとしか言いようがありません。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    訴訟の可能性も視野に入れて弁護士事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。

    買取店に車を売却する前にしておくべきことは、少なくとも2つあると思ってください。

    最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

    相場に関する知識もないまま取引すると、もっと高値で売れたのにとあとから後悔することもあるわけで、それを避けるためにも絶対に相場知識は必要なのです。

    あと一つしておくべきことは、車磨きです。

    といってもボディはそこそこで構いません。

    重点ポイントは車内です。

    少しでも車内に匂いがあると、査定士はマイナスチェックをしますし、使用感のある車は好まれません。

    中古車を売ろうとするときには、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。

    そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、予め修理を依頼してから査定に出すのではかえって得にならないことがほとんどなのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と個人で修理に出したときのお金では、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。

    全部が全部という訳ではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    売却した車の所有者が個人で、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人が仕事でも使っているような場合には、別に決まりがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に税務署のスタッフに聞いてみてください。