トップページ > about

    このページではaboutで高級車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取相場を調査して高く買い取ってくれるaboutの買取業者に売却したい」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    高級車を高く買い取ってもらうためにやるべきことは「aboutにある複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。aboutにあるいくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、あなたが大切に乗ってきた高級車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、about対応で利用料は無料です。

    「高級車を少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場分かりますし、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちの高級車でもaboutで高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    高級車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、aboutに対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った高級車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社が高級車の見積もり査定をしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた車買取業者にあなたの高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携業者も約220社と多く、最大10社があなたの高級車を査定してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、aboutに対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間の取扱車両は輸入車・外車のみで約1500台。about対応で出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら日本車メインの買取店より高く売ることができる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、輸入車の高級車を売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取店に査定依頼をした後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた高級車を売却しましょう。







    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、査定額が高めに出る傾向があります。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場によりアップダウンするため、その時の流行によってある一定の色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、インターネットサイトで車を査定できるものは無数に存在しているものです。

    細かな具体的な見積金額に関しては査定担当者が実際に中古車を見てみないと算定不可能でしょうが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    それから、極端に相場と違う価格を付けてくる店舗を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    大手チェーンの中古車販売店の多くは、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

    景品などの恩恵は中古車売買時に受け取ることができますが、ただで車の見積もりを行うだけで貰えるキャンペーンもあるのです。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとポイントがたまるなどのケースがあります。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したらぜひ査定してみるとお得ですね。

    他社製のホイールを履いた車を売る場合は、実車査定を受ける前に純正品に戻すほうが良さそうです。

    中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていは純正品であるほうが査定はプラスされる傾向があるからです。

    きれいな状態を保つために屋内か、でなければカバーをかけるなどして大事にしましょう。

    別注ホイールはそのコンディション次第ではカスタムショップやネットオークションで高値で買ってもらえるケースもありますから、調べてみると良いでしょう。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、10万を超えると過走行車となり、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    しかしまったく売却不能というわけではなく、まだ道は残されています。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、細かくパーツ分けした査定を行って、相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、一概にこうだと言い切ることはできません。

    もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物なら評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、パーツの状態が悪ければ買取後にメンテ費用がかかるため、マイナス評価が入ることもあります。

    ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、マイナス要素になりえます。

    ノーマルなら減点対象も少なくなりますから、改造車を売る際はノーマルに戻し、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    実車査定で正式な買取額を知りたいなら、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

    家に他人が来るのは構わないという状況なら、高額査定になりやすいという点で出張査定は売主側にとってはベターと言えます。

    ひとつの店に持ち込むのと違って多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり各社とも最大限の見積額を出してきますし、そのおかげで売却価格がアップするわけです。

    改造車は車検が通りませんが、このような改造車でも査定してもらって買い取りに出すことは可能です。

    そうは言っても、一般的な中古車買取店では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、あまり査定額がアップしないことを覚悟した方が良いかも知れません。

    このようなときには改造車に理解があって、独自の販売ルートを持っている改造車の専門店で買取りしてもらうとベストです。

    状態によりけりですが、改造車でも査定額アップが望めるケースもあります。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、こうした書類を揃えることは不可能ですから、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、かなり手間がかかると考えて間違いありません。